屋根裏に住処を作られる前にハクビシン対策をしよう!|害獣ハンター

女性スタッフ

対策と決まり

室内

ハクビシンは、木登りが得意な野生動物です。電柱や電線を伝様々な場所に現れます。その得意さゆえに、住宅の屋根裏などに簡単に侵入することができます。また、頭部が入るような穴さえあれば屋根裏や床下といったところにすぐに入ります。そして、ハクビシンは夜行性動物です。昼間は屋根裏などの巣でじっとこもっていて、夜間になったら行動を始めます。そのため、天井で騒音を撒き散らしたり食品を食い荒らしたりするのです。また、ハクビシンは人間の食べ物を好みますが、基本的には雑食性なので何でも食べます。木の実や果物、昆虫やネズミ、カエルといった小動物も食します。農産物も食い荒らすのです。さらにハクビシンは可愛らしい外見とは裏腹に、凶暴性があります。

ハクビシン対策を行うときには、駆除を要する時があります。しかし、ハクビシンは外来生物法の基準となることが確定できません、そのため、法的な駆除対象にはなっていないのです。環境省に特定外来生物などと認められていれば、誰でも駆除をすることができます。ですがハクビシンは存在が認められているだけなので、農産物を荒らされたり、住宅内で巣を作られたりといった実害がないと有害害獣として駆除することができません。そこで、ハクビシン対策を専門としている業者なら駆除ができます。なぜなら、ハクビシン対策を行なっている業者は、各自治体への申請ができるとともに、狩猟免許を取得しているスタッフがいますので安心して任せることが可能です。そのためハクビシン対策や駆除を行いたいなら、プロである専門業者に依頼をすると良いでしょう。