屋根裏に住処を作られる前にハクビシン対策をしよう!|害獣ハンター

女性スタッフ

様々な被害

作業員男性

ハクビシンは、住宅内の屋根裏や床下、物置などに侵入して被害をもたらしてしまいます。屋根裏や床下には断熱材が入っています。その断熱材を食いちぎって中のフカフカしたクッション素材を巣にします。そして、住処を作ったところを拠点とし、様々な被害を引き起こすのです。夜間に天井内を駆けまわって騒音を出したり、断熱材を食いちぎるので断熱効果を無効化にしたりします。また、ハクビシンは屋根裏や床下をトイレに代わりにします。糞尿をお構いなしにするために、悪臭を漂わせて人間に悪影響を及ぼすのです。しかも、ハクビシンは同じ所に糞尿をするために、どんどん材が弱っていきます。そのため、重みや腐敗によって材が抜け落ちてしまうことがあるのです。

ハクビシンは身体にノミやダニを付着させているので、1回住宅に住み着いてしまったら厄介です。ノミやダニが住宅内で繁殖してしまいますので、アトピー性皮膚炎や喘息をもっているアレルギー体質の人は敏感に身体が反応してしまいます。ノミやダニは、蚊のように人間の血を求めて肌を刺しますが、蚊のようにすぐに腫れが引くことはありません。1回刺したら1週間ほどは痛みや痒みが継続してしまいます。こういった健康被害や住宅内における被害を出さないためにも、ハクビシン対策をする必要があります。ハクビシン対策を行うには、専門業者に依頼をするのが効果的です。またハクビシン対策を行なっている業者は数多くあります。そのため、信頼と実績があるハクビシン対策業者に依頼をすることが大切です。