屋根裏に住処を作られる前にハクビシン対策をしよう!|害獣ハンター

住宅街

依頼の流れ

住宅

ハクビシン対策や駆除を専門業者に依頼するときには、まずは相談をしましょう。その後にヒアリングや現地調査をして契約をします。無事に対策や駆除作業が終わったならシャットアウト工事を最後に行います。

詳しくはこちら

対策と決まり

室内

ハクビシンは木登りが得意な野生動物なので、住宅内の屋根裏などに簡単に侵入してしまいます。また、ハクビシン対策や駆除を行う際には、狩猟免許をもっているスタッフがいる業者に相談をしましょう。

詳しくはこちら

様々な被害

作業員男性

ハクビシンは屋根裏に侵入して断熱材を巣の代わりにします。そこで、糞尿を撒き散らしてしまいます。また、ノミやダニが身体に付着しているのでアレルゲンとしても被害を出します。そんなハクビシン対策は専門業者に依頼しよう。

詳しくはこちら

野生動物の被害

ハクビシン

近年、住宅内における害獣による被害が多発しています。その中でもハクビシンによる被害が多いのです。ハクビシンとは野生動物で、外来種ともいわれています。そんなハクビシンは、住宅内の屋根裏や床下などに巣を作ります。巣となるのは、断熱材の中に含まれているフカフカなクッション材を使います。そのため、断熱材を食いちぎってしまいますので、住宅内でも断熱効果を無効化にしてしまいます。また、屋根裏や床下などを住処にしてそこをトイレとします。ハクビシンは同じところに糞尿をするので、重みや腐敗によって材が抜け落ちてしまうという被害も引き起こしてしまいます。さらにそれだけに収まらずに、人間の健康被害も出します。ハクビシンの身体には、病原菌やノミやダニとういったものが付着しています。そのため、1回住宅に住み着いてしまったらノミやダニが繁殖してしまいます。ノミやダニは人間の血を好みますので、寝ている間などに噛みます。またノミやダニの死骸や糞が増えることによってアレルゲンとしての要素を住宅内において増やしてしまうのです。こういった被害を出さないためにも、ハクビシン対策をする必要があります。ハクビシン対策をする方法としては、自分で対策グッズを使って侵入経路に設置するというものもありますが、1番は専門業者に対策や駆除を依頼するのが効果的といえるでしょう。また、ハクビシン対策や駆除を行うときには、24時間対応可能で信頼と実績がある業者に依頼をすると良いでしょう。